【大手町】アマン東京 ブラックアフタヌーンティー 旅の”トランク”をモチーフに

blackafternoontea

こんにちわ、とりみ(@torimi_k)です。

今回はアマン東京 ザ・ラウンジでアフタヌーンティーを楽しんできました。

ザ・ラウンジといえばブラックアフタヌーンティーが有名。

アマン東京ができた当初は予約が3か月先までいっぱい、なんてこともありましたが、

今では通常通り予約がとれました。

ただし、未だに人気は衰えていないので、予約をしたほうがベターです。

2018年6月にブラックアフタヌーンティーのコンセプトがリニューアルされ、

リゾート、旅を連想させるトランクをモチーフにしたスイーツの飾り付けとなっています。

アマン東京へのアクセス

アマン東京の最寄り駅は東京メトロ 大手町。

駅と直結したオーテモリ・大手町タワーの33Fにあります。

改札を出てオーテモリ・大手町タワーの出口へ進んでください。

大手町タワーの1Fにアマン東京のエントランスがあります。

JR東京駅からだと、丸の内北口から徒歩で10分程度でオーテモリ・大手町タワーへ到着します。

大手町タワーです。JR東京駅側からのアクセス。

gaikan1

横断歩道を渡り、ビルの左側へ進むと、案内表示があります。

アマン東京の入り口は森を通った、ビルの中心に位置しています。(オレンジの矢印)

gaikan2

ビルの横にある、森のアプローチを通ります。

gaikan3

右手にアマン東京の入り口が出てきます。

一瞬シンプルで奥まっているので、見逃してしまいそうになりますがこちらです。

奥にエレベーターがあるので、33Fへ。

gaikan4

関連ランキング:カフェ | 大手町駅東京駅二重橋前駅

ザ・ラウンジ の予約状況

33Fのエレベーターを降りると大きな水盤を中心としたロビーに到着。

正面奥階段を登った,窓側のスペースがザ・ラウンジとなっています。

naikan1 naikan2

この日は、土曜日。私達は予約をしていきましたが、おそらく直前に予約をされた方などは、

ザ・ラウンジ内ではなく、ロビー側の席でアフタヌーンティーをしていました。

せっかくでしたら、窓側のラウンジ内で楽しみたいので、予約はしたほうがベターだと思います。(座席の指定はできません。)

ザ・ラウンジのカウンター席。景色をみながらのアフタヌーンティー。

この日は天気は曇り空。ダークなインテリアがとても幻想的な雰囲気に。

naikan3

テーブル2名席。シックなブラック調の内装に合わせたテーブルコーディネート。

naikan2

ブラックアフタヌーンティー トランクに詰められた宝石のような季節のスイーツ

まずはパッションフルーツとオレンジのスープ シャンパンエスプーマ

blacktea1

ノンアルコールのフルーティーなカクテルです。シャンパンエスプーマはアルコールを飛ばしてあります。

スイーツスタンド1段目【チョコレートのトランクにミックスベリーとパートドフリュイ】

blacktea2

チョコレートでつくられたトランクにミックスベリーが沢山詰まっています。

アマンのタグまでチョコレートでつくられていて、手がこんでいます。

ベリーの下にはパウンドケーキが敷かれていました。

スタンド2段目【トランクから4種のスイーツをチョイス】

blacktea3

トランク左から

  • マンゴーとココナッツのプチシュー
  • 桃と赤すぐりのタルト
  • 洋ナシのタルト
  • カシスのラミントン
  • マスカットとレモンケーキ
  • 栗のパンデピス

残暑と秋のフルーツが合わさってトランクに詰め込まれていました。

今回チョイスしたのはこちら

blacktea5

スタンド3段目 【SAVORY】

  • トマト・エビ・アボガドとガーリッククルトン
  • カボチャ・ペコリーノローマのキッシュ
  • ナスと生ハムのブリオッシュ
  • チキンソーセージのホットドック
  • コルニッション
blacktea6

【プレーンと抹茶の香ばしいスコーン】

クロテッドクリームとはちみつ、自家製ジャム(ベリー・アプリコット)が添えられています。

blacktea7

高級茶セレクション ディカフェは2種

紅茶はドイツのブランド「ロンネフェルト」の茶葉を使用。180年の歴史をもつ老舗高級紅茶店。

唯一の7つ星ホテル、ドバイの「バージアルアラブホテル」でも使用されている紅茶です。

ディカフェの紅茶はLite&Late Ceylon(ライト&レイトセイロン)コーヒーのディカフェの2種が用意されています。

予約方法とまとめ

ブラックアフタヌーンティーのブラックとは、なんだろうとずっと思っていましたが、

シックなブラック調のインテリアに合わせたブラック調のテーブルコーディネートと器のアフタヌーンティーということでした。

ハイセンスな空間で優雅なティータイムを楽しむことができました。

客層は9割が女性。こちらが頼んでもいないのに店員の方から「お写真をおとりしましょうか?」と声をかけられ、少し戸惑いました。

それだけ、みなさん写真を取られている方が多いということでしょう。

ザ・ラウンジbyアマン 予約方法

予約はザ・ラウンジbyアマンの公式HPからTable Check でとる方法と

一休.comでとる方法があります。

公式HPから予約するほうが金額が安くなっている(¥4,600税サ)ので、そこから予約しましたが、結局サービスを料15%と消費税を取られると一休.comで提示されている金額(¥5,713税サ)と同じになります。

ポイントがたまる一休.comからの予約のほうが、お得だったと、後悔しました。

一休.comの会員の方は一休経由での予約をおすすめします。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちわ!とりみです。 毎日おいしいものを食べて、楽しく過ごしたい♡ おいしいものを食べて、飲む為にいきています。 ・おススメの飲食店情報が中心 ・たまにおでかけスポットも紹介しています ・週末旦那料理と普段のわが家の家庭料理の記録 ・料理おすすめ本の紹介 行動範囲はTokyo,Chibaがメイン。 詳しいプロフィールはこちら→♡♡♡